ラウンダバウト

英語を教えています。自分の授業改善のためだったり、好きなモノ、コトをつづっていきます

リスニング基礎力をいかにつけるか③【「英語表現」の授業編その2】

 リスニング指導シリーズ第3弾。「聞き取れる(聞こえる)」ようにする指導というのは、私は音声指導と不可分だと考えているので、音声(音読)指導そのものがリスニング指導になるように意識しているつもりです。「(自分で同じように言えないと)聞き取れない」ということを体感(納得)してもらったら、同じように言えるようにするトレーニングに入ります。

⓪ターゲット文のディクテーション

 *使用教材のものでOK

①別記事の「リピート・アフター・ミー」

 ⓪でみななが共通して書きとれなかったところを見てから行います。

llindbergh.hatenablog.com

②リズム音読

 ①で個々の音やリンキング、脱落などの音声変化はおさえたうえで、英語のリズムで言えるようにするための音読です。ゆっくりだったり、英文の「一部」ならきちんと識別可能な発音で言えたとしても、「文」になると躓く生徒がでてきます。なので「内容語」を長くハッキリと、「機能語」は短く、いい加減に。教員の後に続いて読んでもらいます。たとえば "I went to the department store yesterday."という文があったら、"I WEnt to the dePARtment stORE YESterday." というように真似してもらいます。難しい場合は、内容語だけ言ってもらうところからスタートします。この時に手拍子(ペンで机をたたいてもらってもいいです)もしてもらいます。手拍子をしてもらうことで、次に叩くまでに機能語を言うのだということを確認します。そしてペア(奇数なら3人グループ)で手を一緒に叩きながら言えるようになったら立ってもらいます。一番遅いグループは僕と一緒に練習の成果を披露してもらうので、みんな一生懸命やってくれます(笑) 

*早く揃ったっペアは本当に言えているか確認しにいったり、次の文の読み方、リズムを予測して待っていてもらいます。

*「リズム音読」は普段の文法メインの授業で、中学校の復習の文と、高校の例文を覚えてもらう際にメインで使っているので、生徒はこの時点で慣れています。

 

③全体で音源に合わせてRead & Look Upからコピーイング

 ・言えるようにしたい英文を指定して、Read & Look Upをします

 ・音源に合わせて、全体でサイレント・コピーイングをします

  *発声しなくてよくするのは、音源が聞き取れるようにするためです

 ・数回行ったら、全体でコピーイングをします

  *この時にタイミングがずれる生徒が出るので、その原因を探りみんなで練習

 

④個人で音源に合わせて言えるように個人で練習

 各々のスマホに音源を入れてもらっているので、その音源と同じ発音、リズム、イントネーションで言えるようにコピーイングをしてもらいます。問題と解説はすでに行っているので、空読みにはならないように。この間、私は机間巡視をしながら、それぞれの生徒のつまずきに合わせて個別にアドバイスをします。自信がある人は先に⑤の練習まで進んでいいよ!の指示をします。ここまでをすべてのターゲット文で行います

 

⑤「Google翻訳の音声入力」か「Googleドキュメント」の音声入力機能で練習

  ➡ ペア(グループ)で対決

 座ってやってもらいます。上記のどちらかを使って、制限時間以内にどちらが多く機会に認識されるかを競います。ターン制でも同時スタートでもよいです。ちなみに、負けてしまったら立ってもらい、この後に私との公開トレーニング(ランダム指名)になります(;^_^A 

*できるようになったね!で終わってもらいたいから公開トレーニングをするよ!という説明はします。部活の技術指導のイメージです。

 機械(AI?)にそこまでのことができるのか?という不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、上の2つ、特に「Googleドキュメント」の音声入力は割とよい精度でこちら発音を識別してくれます日本語発音(不要な母音挿入やストレス間違い)だと、高確率で変な文になるので、ぜひお試しくださいはじめてやる時は教員がまずお手本を見せるのが生徒のやる気を引き出すポイントに感じています。なので、まず、日本語発音バージョンで認識されないよね?ってのを大画面で確認してもらいます!そこで今度は英語らしく読んで、ほら認識されるでしょ?って示すと「お~っ!」って反応があります(笑) 

 *ちなみに負けた人ばかりだと教育的によろしくないと思うので、勝った人にお手本ということでやってもらうこともあります。

 

⑥もう一度ディクテーション

 ここでもう一度ディクテーションをします。先ほどの文の中からランダムでいくつか出題します。時間がないときは1文だけでもいいと思います。ここで「書けない」という場合は、たいていの場合「音声と綴り」が一致していないことが原因のことが多いので、フォニクス的なことはここで改めて取り上げます。あくまでもここは「聞き取れる単語が増えたぞ!」という実感を大切にしたいです。

 

 ということで、こちらが「英語表現」における私の現段階のリスニング指導になります。ここまで授業で扱ったうえで、リスニング力を鍛えるための家庭学習の音読では、(ディクテーション)、Read & Look Up、コピーイングというメニューをすすめています。細かいところで書いていないこともありますが、おおまかな流れは以上のような感じです。お気づきの点、アドバイス等がございましたら、ツイッターにて賜れますと幸いです。

 

追記:ほんとはこの後に「グルグル」という活動(1対1の個別チェック指導)をしたいのですが、週に2コマの「英語表現」では時間が足らないことが多いので、そちらはテスト後にやることもあります。また、ECでは行うこともあるので、次回『リスニング基礎力をいかにつけるか④【「EC」の授業編】』で、その様子をお伝えします!

リスニング基礎力をいかにつけるか②【「英語表現」の授業編】

 ということで(どういうことで?)、リスニングシリーズ第2弾。私がどのようにリスニングの指導をしているかを詳述しようと思います。まず、ECと英語表現で異なるので、今回は英語表現の方を書いていきます。その「導入編」です

 英語表現の授業ではいわゆる「リスニング用の副教材」を用いて、1時間まるまるリスニングの授業をします。現任校の初年度でこの形式?でやったときは生徒に驚かれましたが、今では生徒も慣れてくれています。

【リスニング指導に入る前】(高校1年生のリスニングの授業初回

 まず、フォニクスの基礎的な知識を確認します。それぞれのアルファベットがどういう音なのか、発音できるかを診ます。できてないようなら、まずまとめて教えてから、普段の授業でさらに個別の音をこまかく取り上げて練習していきます。ここは手島良先生の著書群を参考にしながら指導しています。

小・中学生に教えるなら、いや高校生に教えるうえでも、こちらは必読です。

 

【副教材を用いながらの指導】

 さて、個々の音(音素)をとりあげながら同時に進めていくことになりますが、まずいきなり問題を聞いて解かせることはしません。リスニングに苦手意識がある子もいる中で、それをしてもあまり生産性がないと思うからです。というか、苦手な生徒は「テストの時にリスニングは時間になったらで他の文法問題から解き始めてない?」みたいなことを聞きます。「『5分後です』とか書いてあるでしょ。その間にするといいことがあるんだけど聞きたい?」とふっかけます(笑)。その後の手順としては以下の通りです。

 

〈Pre-Listening〉

①「まずは質問文や選択肢からどんな話なのか予想してみよう。そもそも質問の意味は分かります?

 質問文の意味を確認したらー登場人物は複数?―どこでの会話だろうね?―どんな場面?ーなどなどを答えてもらいます。

②「その中で出てきそうな表現を英語にすると?」

 じゃあ、①で出てきたキーワードを英語にするとどんな表現になるかな。ペアでアイディアだしてみて!➡何ペアかに質問して板書

(③どんな風に読まれそう?同じ表現でも違う言い方知ってる?)

 これは慣れてきてから入れます。最初は「え!?さっき予想できてたやつはいっとるやん!なんで聞き取れなかったんかね?」に持っていきたいので。

 

〈While-Listening〉

①なるべく「内容語」を聞き取ろう(すべて聞き取ろうとしない)

 「ぜんぶ聞き取ろうとしてない?実は日本語だって全部正確に聞き取るって不可能に近いよ。ちょっとやってみようか。」➡教員が言ったこと(会話文)をできるだけ正確に再生させる ➡ あれ?日本語でも無理じゃね!? ➡ でも要旨は言えるでしょ?

➡ 「だよね。それって予測してるのもあるけれど、大きな内容を聞き取ってることが大きいんだよね。」 ➡ 英語における内容語の説明

②聞こえたきた内容語をメモさせる(カタカナでもよし)

 「後で話を思い出しやすいように、内容語をメモしよう」

③「もう1回きいてもらうので、迷ってる人はペアと何を迷ってるか、何を聞き取ればいいいかを明確にしよう。自信のある人は言われている根拠となる文を言えるように聞き取ってみて!」

 

〈Post-Listening〉

「では今から答えの発表です。~答え合わせ~」➡間違えた人が多かった問題を机間巡視で確認(教材によってはグーグル・フォームでその場で送ってもらうこともできますね)

「〇番の問題は苦戦してた人が多かったです。何でですかね?」➡「何て言ってるか分からなかった」「速すぎて分からない」など。➡「そうですよね。ではそれってどうすれば聞こえるようになると思いますか?アイディアを考えてください!」➡色々答えてもらう

教員「いま発表してくれたものの中に非常にいいものがあったので、体験してみましょう。まずは次の音声を聞いてください。」

【関西弁の日本語を聞いてもらう】

教員「ペアの一人は音声で何を言っていたか、もう一人に伝えてみて!(生徒は『何が始まったんだ?』感満載(笑)」

「じゃあ今「伝えられた人」は次の内容を伝え返してください。」

【茨城(沖縄)の方言の日本語を聞いてもらう】

生徒「言えない(笑)」

教員「言えないところあるよね。実は今のは茨城(沖縄)の方言です。なんで言えないんだろ?」

生徒「発音がかなり違う。」「そもそも単語が分からない」

  ➡関西弁は何で伝えられたのかも確認

教員「そうなんですよ!そもそも単語をしらないと聞き取れないし、知ってる単語でも発音のされ方を知っていなければ(自分で同じように言えないと)聞き取れないんですよ。じゃあどういうトレーニングをしたら聞き取れるようになりそうですか?」

生徒「単語と発音を覚えて言えるようにする

教員「その通りです!では先ほどのつまずきが多かったところの聞き取りポイントを確認し、自分でも読めるようにしてみましょう。」

~次回に続く(むしろここからが本当のリスニング指導のはじまり笑)~

 

リスニング基礎力をいかにつけるか①

 7~8月と記事の更新を続けています。というのも、私が暇なのもあり現在行っている(やってきた)指導を備忘録として残しておきたいなというのと、先日のツイッターでのある方とのやり取りを通して「高校の英語授業(教員)」ってそういう風に思われているのかという驚きがあったので、字面だと伝わりにくいと思いますが、なるべく記しておこうと思った次第です。

 さて、共通テストではリスニングの配点が大幅に上がり、リスニングの指導は不可避なわけですが、私はリスニングの訓練って何をしてきたかな?授業でやってきたことは何かな?と振り返ってみると、その基礎体力は中学校で培われた気がします。今ほどフォニクスが取り上げられることはなかったと思うので、あまりそういう系統だった音声指導を受けた覚えがないんです(実際は指導してくださっていたと思います。覚えていなくて申し訳ありません)。でもある先生のアドバイスはよく覚えていて『CDの真似をするといいよ。同じように読めるように。』というものです。これが中学1年生の時でした。正直英語が得意でなかった私は、これだけは一生懸命やりました。その中で、「この音でこの綴りなの!?」みたいなのが徐々に分かっていったのだと記憶しています。でもその積み重ねがきいたのか、私は「リスニング」の問題集などをやったことがありません。それでもとりあえず高校入試~教員採用試験までを突破する程度のリスニング力(たしか英検準1級程度)はつけられると思うので、生徒に家庭学習で勧める音読練習は「音源と同じ息遣い、トーン、スピードでコピーしてね!」というものになります。ただ、これを指示するだけでは危険極まりないので、実際にこれを指示するまでに授業でやっていることを次の記事で紹介しようと思います。

出欠席の集計

 みなさんは出欠席の集計はどうされていますか?前任校の定時制では遅刻や欠席する生徒が多かったこともあり、旧システムで授業担当は1時間ごとに出欠席を入力し、担任は授業担当がその日の全ての授業の出欠席状況が入力されているのを確認してから、その日の遅刻・早退・欠席を入力していました。今では前任校も新しいシステムに変わったと聞いています。

 そして現任校ではそもそも遅刻や欠席が少ないため、その日ごとに入力するのではなく、テストごとに入力する形式になっています。なので、いわゆる「教務手帳」に授業ごとの出欠席を記入するわけです。ですが、定期テストごとになると「授業の実時数」「遅刻や欠席」などを集計する必要がでてきます。最初は地道に数えていたのですが、これが何クラス分もあったり、担任もしていると、LHRや総合的な探究の時間の出欠も数えなくてはいけません。テストの採点があるタイミングなので、私は地味に精神を削られていました(笑)

 なんとかできないものか・・・と悩むこと数日、「あ!そうだ!前みたいに1時間ごとに出欠席を入力して、テストごとに自動集計するエクセルファイル作っちゃえばいいか!」てことで作りました。やることは1時間のごとにタブから該当するものを選ぶだけです。授業の実時数もカウントできるし、生徒ごとの遅刻や欠席もすぐにわかります。担任と授業で分けられているので、担任しているクラスの出欠状況も自動集計してくれます。まぁ、気にならない方もいらっしゃるようなので、もし使ってみたい方がいらっしゃいましたら、お手数ですがツイッターにてメッセージください。

1学期当初の(本校の)TANABUモデルのハンドアウト公開(書きかけ)

どのように使っているかや解説はちょこちょこ付け足していこうと思います。

一番早いのはこちら〈[066] たなぶでまなぶ #PC013(Lindbergh) - by anfieldroad (substack.com)〉を合わせて聴いていただくことかもしれません。ご興味がありましたら、該当部分だけでもどうぞ。

 

1~2時間目に使うハンドアウト

2~4時間目に使うハンドアウト

すべての高校教師は「定時制」を1校以上経験すべきだ

 タイトルで分かる方には分かると思いますが、anf先生の過去の記事へのオマージュです。ありがたいことに前任校の卒業生から「コロナがおさまったら一緒に飲みませんか?」とか「相談したいことがあるんですけど」とかたまに連絡をいただきます。教員としての今の私のスタンスを作っているのは紛れもなく勤務していた定時制での体験です。そんなこんなで「時には昔の話を」ということで、これまでを振り返り、この先を考えるきっかけにしようと思います。それにしては過激なタイトルですが(笑)

 私の教員生活は「定時制」でスタートしました。といっても初任校でなく、非常勤講師の時からなんです。学部生時代から院生のときも、はじめは中学校を志望していたのですが、色々なご縁があり、院生の時に関東のとある定時制の高校で非常勤講師として働く機会を得ました。ここでは、やる気は空回りし、まったく上手くいかなかない毎日でした。初回の授業は聞いてくれたものの、甘い教師だと思われたのか、次の授業では頑張って作ったプリントも、見ようともしない。そんなスタートでした。中には自衛隊あがりの定年を過ぎた男性も生徒として在籍していて「もっと威厳を持った方がいい」とアドバイスをいただいたのもいい思い出です。私のツイッターのアイコンをご存じの方は見てわかる通り、おそらく「威厳」とは程遠い人相です(;^ω^) anf先生ではないですが、自分の「指導力」のなさに打ちのめされ、悩みながらやりましたが、やはり上手くいかず、生徒とぶつかるに日々でした。授業を含め当時の先生方には本当にお世話になりました。フォローなどかなりご迷惑をおかけしたと思います。ここで分かったのは「授業を聞くのは生徒にとって当たり前ではない」ということです。ほんとに衝撃的でした。ほんとに困って、担任の先生に普段はどんな様子なのかを聞いたり、部活を見に行ったり。文化祭にもお邪魔しました。そんな中で「授業どころじゃない」生徒がいることを知れたことは僕にとって大きなことだったと思います。もちろん授業も同僚の先生に、どんな風に授業をされているかも聞きました。幅広い層の生徒と先生がいらしたので様々な年代の英語の歌もやってみたりしました。そんなこんなで精一杯やっていたら、少しずつ授業を聞いてくれる子が増えました。また、定時制勤務なのに全日制の教頭先生にも面接の練習などをしていただくという機会にも恵まれ、試験もがんばり、いよいよ正式採用の通知が届きました。

 勤務先が分かる日はドキドキしていたと思います。電話をとって聞いた勤務先は聞いたことのない高校です。調べてみると定時制であることが分かりました。全日制でやりたいんだ!という希望は本当に全くなかったのですが、まさか初任校も定時制になるとは。なんというめぐりあわせだと思いました。

 自信はありませんでしたが、約2年くらい先ほどの職場で非常勤講師の経験があったので「こうしたらいいかな?」というアイディアはたくさんあり「興味を持てるようにする」「わかりやすく説明する」ような授業をしようと文字通り精一杯頑張りました。過去の努力が生きたのか、非常勤講師の時よりは「授業」らしい「授業」をすることできるようになった実感がありました。ただ、前の学校は「エネルギーが余っている子」が多かったのに対して、初任校は何らかの理由で「学校に通えなくなった」生徒と「エネルギーが余っている子」が混在するとても特別な空間でした。ここで先輩の先生方に教わったり、時には背中で語ってくださったり、生徒自身が語ってくれたことが私の教員としての一番の礎となっています。

 2年目になると担任のクラスを持ちました。そこで「授業」だけでなく様々な場面で生徒と関わることで、本当に多様な生徒、それぞれの価値観があることを知りました。そんなこと考えたことなかった!そんな理屈ある!?みたいなこともしばしば。詳細は書けませんが、追いかけっこもしたし、家庭訪問もかなりしました。

 そんな精一杯な日々の中で気づいたのは「どんな生徒も出来るようになりたがっている」ということです。それが確信に変わりました。それは授業だけでなく、はじめは部活で感じたことでした。でもそれが悔しくもあり、試行錯誤の毎日でした。授業偏重になっていたと思いますし、顧問を一緒にもってくださった同期の先生にもかなり迷惑をかけてしまっていました。それでも部活で全国大会に連れて行ってもらったこと、そこで顧問の先生方と話したこと、それまでの生徒との衝突ややりとりは何より刺激的でした。ほんとに僕はほとんど力になれませんでしたが、本当に宝物のような経験です。

 授業で生徒が頑張って、わかってできるようになって自信をつけていく。交友関係も広がる。クラスメイトの見方も変わる。時に「よっしゃー!」と喜び、時に「くそー!」と夢中になって練習する。そんな授業を目指して迎えた5年研の校内公開授業では、尊敬する先生方も見に来てくださり、多くのアドバイスとお褒めの言葉もいただきました。学校が変わっても未だにオンライン飲み会をする同期の先生2人も見に来てくれて「まじですごかったです。なんで先生を待ってる間、生徒は練習して待ってるんですか?部活みたいな授業がしたいって初任のころに言ってたの覚えてますけど、最初は「は?」って感じでした。でもいま分かりました。部活もあれくらいやってくれていいのに!」と率直な意見をもらえました。

 まだまだ書ききれないというか、言葉にすることで漏れていったり、うまく伝わらないところがあると思いますが、今の自分を見えないところで支えている経験だと思います。現任校でも、必要以上に自分を責めてしまう生徒や、クラスの友人関係に悩む子から相談を受けたら、「こんな自分だけれど、力になれることもあるかも。こんなことをしてみようかな?それともこういう話し合いからかな?」とか考えがいくつか思い浮かぶようにはなりました。タイトルは語弊を招きかねないものですが、何も「定時制に行けば万事解決!」とか「定時制を経験すれば、どこでもやっていける」とか、そういうことが言いたいわけではありません。自分の想像しないようなことがあっても、威厳があるタイプの教師でなくても(笑)?、生徒たち、先生方、家族や友人のおかげで、なんとか頑張ってやっていけそうです!というような『魔女の宅急便』のラストのようなご報告でした。もしよろしければ、こちらのポッドキャストもご視聴ください。〈[058] すべての高校教師は「定時制」を1校以上経験すべきだ #PC008(Lindbergh) (substack.com)

「意味順」と「四角化で視覚化」で短文英作文の指導②【授業中の指導】

 さて、続きということで、どうやって教科書に載っているような「短文英作文」を指導しているかを書いていきます。簡単にステップ分けすると以下のようになります。

 

①「名詞句」見つけ

②日本語の「意味順」仕分け

*田地野先生が提唱されているものに付け加えて、私は「意味順」を以下の表現にしております。

 「誰(何)が」「する(です)」「誰・何・どんな」「どこ」「いつ」

*オプションとして、↑の主語のボックスの前に「玉手箱」、「いつ」のボックスの後に「Why」を入れることもあります

③それぞれのボックスごとに英語化

④解答・別解の確認

④ボックスごとの音読/一気に音読

 

では、実際に例をまじえて。

 

例題)昨年彼が教えた生徒が、今ロンドンに留学している。

①『名詞のカタマリはどこかな?どこが四角化できそう?』

 ⇒「昨年彼が教えた生徒」を「四角化で視覚化」させる

   *この時に四角で囲むのは【生徒】というところだけなのも確認

②『じゃあ、「意味順」で言うと?〇〇さん!』

 ⇒『昨年彼が教えた生徒が/留学している/ロンドンに/今』です

 *この時生徒が悩んでいたらヒントを与えることもあります。特に日本語で主語が

  消えている文などは、「誰がー?」とか「主役は誰ー?」とかです

③『では、それぞれペアで話し合って英語にしてみて!わかったら立ってください。1番遅いところに発表してもらいます(二コリ)』*立てたペアは次の問題を考えておく

  ⇒ 解答とすり合わせ

 *名詞句の英語化で悩むことが多いので、前置修飾か後置修飾か「視覚化」の日本語を見て考えてもらいます。後者だとしたら、それをどう作るかのヒントを与えることもあります

 *「どんな」にあたるのに「名詞」を入れてしまう子もいるので、そんなときは品詞の話を折に触れします

 

①~③を繰り返し、すべての和文英訳の考え方、答えを確認する

 

④全体で「合いの手音読」

 *教科書の日本語だけを見て、教師は問題を指定し、

 教員『「誰(何)がー?』←個人氏名 or 全体かはその時の判断で

 生徒 "The CD I borrowed from Emily"(生徒は該当問題の英語を言う。)

 教員『「する(です)」はー?』

 生徒"was"...

⑤コース選択制音読活動(以下のA、Bはそれぞれ生徒を表します)

 1.A:ボックス内の日本語を言う B:ボックスごとに英語を言う

 2.A:「意味順」の区切りで一気に日本語を言う B:一気に英語化する

 3.A:もとの日本語を一気に言う B:一気に英語化す

 

 さて、いかがだったでしょうか。ここはどうなってるの?というご質問や、こういうステップがあると良さそうだよねなどアドバイス頂ければ幸いです!

 

余談:ちなみにECの文や、英表の左側の例文でも「意味順」で区切りを確認しています。特に「英語表現」の授業では教科書の右側の名詞句を英語にするドリルを経てから練習問題に取り組ませることもあります。「どこかに名詞句のカタマリがくるな」という感覚を養うのが意図です。それが来るのは「誰(何)が」か「誰・何・どんな」ボックスですよね。この間、間接的にですが『〇〇が「意味順」めっちゃ便利って言ってました。』と嬉しい報告を聞きました。教えてくれた子はまだ実感できてないかも(;^_^A

他にも、『「意味順」と「四角化で視覚化」を使うと(短文)英作文で覚えるべきところ無茶苦茶減りますよね?』って言われて、『そうなんだよ!よく気づいたねー!(授業中にもそういう話はしてますが)嬉しいわ!』という会話をしました。まだすぐに便利さを体感させられるだけの技量が私にはないので、じっくりじっくりいきます。